シルバーピアノレッスン開講!

クラシックミュージック

「クラシックミュージック」

直訳すると「古典的音楽」となるが、一般には西洋の芸術音楽を指す。

古代西洋音楽・・・6世紀以前の西洋音楽
中世西洋音楽・・・6世紀~15世紀にかけての音楽の総称
ルネッサンス期の音楽・・・ヨーロッパにおける15~16世紀のルネッサンス期の音楽の総称。
バロック音楽・・・ヨーロッパのおける17世紀初頭から18世紀半ばまでの音楽の総称。
古典派音楽・・・バロック音楽は1750年代以後に古典派音楽の潮流に取って代わられる。
ロマン派音楽・・・文学・美術・哲学のロマン主義運動と関連。1800年代初頭から1900年代迄。
国民楽派・・・19世紀当時のナショナリズムの高まりからロマン派音楽の一潮流として民族主義的な芸術音楽が志向された。
印象主義的音楽・・・20世紀初頭のフランスに興ったクラシック音楽の流派の1つ。クロード・ドビュッシーにより始まったとされる。
新古典主義音楽・・・20世紀前半、とりわけ戦間・期に主流となった芸術運動の一つ。
近代音楽・・・第1次世界大戦前・戦中まではさまざまな音楽がラベルやドビュッシーのような印象主義・ストラビンスキーの原始主義やシェーンベルクらの表現主義、ストラビンスキーの原子主義やシェーンベルクらの表現主義、バルトークの民族主義など様々な音楽が模索された。
現代音楽・・・第2次世界大戦によって伝統的、文化的な美的価値感が破壊、刷新され、さらに音楽の様相は変化を示した。1950年代からブーレーズ、シュトックハウゼンらによるセリー音楽、電子音楽や直観音楽、ケージによる偶然性の音楽シェフェールによる具体音楽、1060年代からライヒらによる、ミニマル、ミュージカルなど様々な実験探求が行われた。
「新しい単純性」など様々な名称で呼ばれている現代音楽の代表的な
バロック ヴィヴァルディ、テレマン、バッハ、ヘンデル
古典派 ハイドン・モーツアルト・ベートーヴェン・
ロマン派 パガニーニ、ロッシーニ、シューベルト、メンデルスゾーン、ショパン、シューマン ワーグナー、ヴェルディ、スメタナ、ブルックナー、ヨハンシュトラウスⅡ世 フォスター、ブラームス、サンサーンス、ビゼー、チャイコフスキー
国民楽派 グリーグ(北欧)、ドヴォルザーク(チェコ)
印象主義   ドビュッシー(フランス)、ラヴェル(フランス)、プッチーニ(イタリア) シベリウス(フィンランド)
新古典主義 サティ(フランス)、レスピーギ

ヨーロッパの1600年以上の長い歴史によって育まれた「クラシカルミュージック」
この長い歴史に培われた素晴らしいクラシック音楽をピアノで貴方も弾いてみませんか?

クラシック音楽も習熟度において色々の段階があり、その段階に応じて相応しい曲もたくさんあります。初心者の方にも始めやすい曲もあり、頑張れば3か月で1曲弾けるようになります。

メヌエットト長調(バッハ) 指の動きがシンプルで易しい
同じメロディを繰り返す
テンポがスローなので楽譜と鍵盤を交互に見る練習にもなる
ピアノソナタ第15番ハ長調
K545第1楽章(モーツアルト)
中盤で曲調が変わるので抑揚をつけての練習に最適
指の動きに一定の規則性があるので練習しやすい
左手も細かく動くので指の動きの良い練習になる
エリーゼのために(ベートーヴェン) テンポがゆっくりなので練習しやすい
音域が広い曲なので音を逃がさず弾く練習になる
後半部分の2オクターブ下がってくる演奏方法が手の動かし方の練習に役立つ

クラシック以外にも、日本唱歌・童謡など自分の好きな曲にチャレンジしてください。

又、脳科学的にも楽譜を見る、それを理解する、ピアノを弾く、弾いた曲を聴く、それだけの事を瞬時に脳は処理していきます。ですから、ピアノ演奏は脳の色々な部分を使っているのです。

弾くという行為は指先の運動にもなりますので、脳だけはなく体も使う効果的な脳トレなのです。

脳科学者の茂木健一郎氏は

「脳にとって音楽は食べ物」

好きな曲を聴くことでドーパミンが分泌され、神経細胞のシナプス結合が強化されている。その結果、脳が活性化するのだそうです。

茂木さんは「脳にとって音楽は食べ物なんですよ」と。

音楽で満腹にはなりませんが、脳科学的には「食べる」ことと同じくらい役に立っていると述べていました。音楽を聴くだけでこのような効果をもたらしますが、音楽を演奏することは更に脳を活性化する効果があるそうです。

クラシック音楽と聞くと何となく堅苦しいイメージ、敷居が高くとっつきにくい感じをお持ちの方も多いと思いますが、全くそのような事はありません。誰でも気軽に親しめる曲目もたくさんあります。。

ヨーロッパの長い歴史に育まれたクラシック音楽、世界に誇れる文化、芸術の都、“古都” 京都にお住いの皆様にぴったりのクラシック音楽をピアノで演奏してみませんか。

タイトルとURLをコピーしました