シルバーピアノレッスン開講!

シンセサイザーレッスン

「シンセサイザーレッスン」

“無限の夢ある楽器シンセサイザーにアタックしてみませんか?”

 シンセサイザーという英語は「合成器」という意味ですが、それはもちろん「音」の合成を意味しています。では、音を合成するということはどういうか
それを知るためには音というものの正体を知っておく必要があります。
音とは耳の中にある鼓膜をブルブルと震わせることが出来る「空気の振動」の事を言います。
又、この空気の振動=音には音響学の世界では3つの要素があるとしています。
 音の3要素;「音程」「音色」「音量
どんな音なのか?を人に説明するときに、表現する要素が1つの音に対して3つあるということです。「高い」とか「低い」とか「とがった音」とか「柔らかい音」、あるいは「大きな音」「小さな音」などという表現方法があります。そして、一つの音に対してこの3つの要素のうちどれかが備わっているというものではなく、必ず3つがセットになっています。
「高くて固くて大きな音」という具合にです。
シンセサイザーはこの3要素を「合成=シンセサイズ」する機械です。
音程、音色、音量をどうするか、つまみをいじって決定することで色々な音を出すのが「シンセサイザー」だと言えます。
シンセサイザーの中に流れているものは空気ではなく電気です。シンセサイザーは空気そのものを振動させて音を合成するのではなく、空気の振動を電気の振動に置き換えて仕事をしているということです。そのシンセサイザーですが、電気でやっている以上、出来上がった「音」と称するものもつまり電気信号で、電気ケーブルを繋いで外に出すことになります。そして、作り出した電気信号は、どこかで耳に聞こえる空気の振動に戻さなければ音として確認できません。この変換を行う装置が「スピーカー」です。ですからシンセサイザーは、このスピーカーに送る電気信号を合成して作る装置ということです。

シンセサイザーの音の作り方の手順は

  1. とりあえず取っ掛かりになるような単純な音を出す
  2. その単純な音を加工して違った音に変化させる
  3. それを特別なアンプを通して強弱をつける。

最初に出てきた単純な音は大抵「とがった音で、フィルターという装置を通してこの音のとがった部分を削ることで丸い音にしたり、もっと複雑な音にしていきます。
この段階で原音のイメージをより自分の作りたい音に近いものに変えていきます。次に特別なアンプで強弱をつける。アンプとは音を増幅する、つまり大きくする装置の事です。
シンセサイザーについているものと、普通のアンプと違うところは単純に音を大きくするためではなく、シンセサイザーの音に楽器の音らしい強弱をつけるためのアンプです。
そして「音量」に音楽的変化をつけるための機器でもあります。

◎ポイントおさらい

  • 音は空気の振動、シンセサイザーはそれを電気信号に換えて音を合成する
  • 単純な音をフィルターとアンプで加工していくのが音作りの手順
  • 音の3要素「音程」「音色」「音量」はそれぞれ英語でVCO,VCF,VCAという装置で合成されコントロールされる。
  • この3つ以外にも変調用のコントロール装置がシンセサイザーにはいくつかある

以上がシンセサイザーの概要です。自分で音色を自在に作り出せるのはシンセサイザーの醍醐味ですが、今はワンタッチで音色を呼び出せる便利なデジタルシンセサイザーが主流となっています。

デジタルシンセサイザーの基本機能

  • 音色の合成
    • 音程、音色、音量をつまみやディスプレイの操作によって合成しオリジナルの音色を作ることが出来る
  • スプリット
    • 鍵盤の場所によって出す音色を変え、同時に弾いたり一人で何種類かの音色の楽器を演奏することが可能
  • レイヤー
    • レイヤーとはピアノとストリングスの音色を混ぜることが出来る機能

意外と知られていないシンセサイザーの使い方

  • アルペジェーター
    • アルペジェーターとは和音を弾くだけで様々なアルペジェーターパターンを自動で演奏してくれる機能。アルペジェーターとは和音を分散させて演奏する奏法で、ギターやピアノ、ハープなどでよく用いられています。
  • シーケンサー
    • ドラム、ベース、ピアノなどの音色を打ち込んで重ねて録音していける機能
      これを使えばシンセサイザー1つで1曲演奏することも難しくないです。

このように、シンセサイザーは本当に便利な楽器で、奏者の意気込み次第では全パートをカバーすることができる万能楽器です。工夫しだいでは生楽器をリアルに再現することもできます。最近では、サンプラーやシーケンサー、ループ機能やDAWソフトとの連携機能を備えライブパフォーマンスはもちろん、音楽制作に花を咲かせる百花繚乱な楽器です。

楽器演奏を全くしたことがない人でも、気軽に指1本から音楽を楽しむことが出来、又時代と共に進化し続けるとても近未来、際限なく夢のある楽器です。
是非、一度体験レッスンにお越しください。

タイトルとURLをコピーしました